最大の機能改善は、機能削減だ!

店主の独り言

こんにちは。

竹添商店の竹添です。

先日、コンビニの本コーナーで「ローランド・ゼロ」という漫画を購入しました。ホストで有名なローランドさんが出された本で、ご自身の人生を漫画で表現されています。

この本、一冊で完結かと思っていたら、次回作もあるらしいんです。

発売日は今春予定。春が楽しみで仕方がありません。

♯何の話?って話し

♯内容は最高に面白かった

 

さて、タイトルにあります「最大の機能改善は、機能削減だ!」という言葉を目にした時に、ふと思ったことを今日は書いてみたいと思います。

そもそも、この言葉はどこで見たかというと、世界一の漫画サービスを目指してが頑張られている株式会社アルが運営している「アル開発室」というオンライサロンの記事になります。

Salon.jp | アル開発室
アル開発室は、「アル」を通じて「マンガに関わるプロジェクト」に参加できるコミュニティです。「アル」が成長や失敗をしながら「物語を転がす」様子を読みものコンテンツとしてお楽しみいただけます。

詳しくは公開できないのですが、内容としては音声アプリについての話で、アプリの制度を高めたり使いやすくするためには、、、という話で、その中で「機能をつけるのは簡単なんですが、削減するのは難しいんです。最大の機能改善は機能削減だ!」という話がありました。

アプリについての話しではありますが、個人的に「機能をつけるのは簡単なんですが、削減するのは難しいんです。最大の機能改善は機能削減だ!」の言葉を目にした時に、「人のカラダも同じだなー」と、ふと思いました。

なんでそう思ったかというと、例えばダイエットをしたい!痩せたい!と思った時に、よく「何を食べたら痩せますか?」「ささみとブロッコリー食べたら良いですか?」と聞かれることがあります。最近は聞かなくなりましたが、以前はメディアでも「バナナダイエット」「リンゴダイエット」について放送もれていました。

「痩せるためには〇〇を食べると良い!」

確かにそれで痩せる人がいるのは事実ですが、そもそも何故太ったのか?を考えた時に、だいたいは食べ過ぎていることがほとんどです。

なので痩せるためには、食べ過ぎないことが大切です。

食べるこが悪いという話ではなく、食べ過ぎが太る原因になるという話です。

そもそも食事は何のためにするのかというと生命を維持するため。

頭を使ったり、カラダを動かしたり、食べ物を消化したり、呼吸をしたり、泣いたり、笑ったり、イライラしたり、怒鳴ったりなど、そういったことをするためには材料が必要で、それが栄養です。食事をすることで栄養が体内に入ってきて、身体は正常に働きます。

逆に、食べ無さ過ぎは低栄養状態を招き、それはそれで様々な問題に繋がることもありますが。

なので痩せたい時には、「〇〇を食べる」よりも余分な物を「取り除く」方が大切だったります。

ちなみに、身体の不調も栄養バランスの問題に原因があるとも言われていて、そこを整えることで体調が良くなった方も多くおられます。その時に、まずは身体に負担を与えている食べ物を取り除くことから、おすすめしています。それだけでも身体は変わったりします。

とは言っても、これまでの習慣もありますし世の中誘惑だらけなので、それがなかなか難しいですよね。。。

というわけで

「機能をつけるのは簡単なんですが、削減するのは難しいんです。最大の機能改善は機能削減だ!」

「痩せるためには、〇〇を取ると良い」は、わりかし取り組みやすいですが「痩せるために余計な物を取り除く(削減)」は意外と難しい。

「身体の不調改善のためには〇〇を取る」は取り組みやすいが「負担を与えている食べ物を取り除く(削減)」は意外と難しい。

といった感じで、何だか似ているなーと、ふと思った話しでした。

そしてきっとこれって、人が成長していく上でも大切なんじゃないかなーとも思ったりしました。

以上、お菓子を食べながらブログ更新中の竹添商店の竹添でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました